チャレンジ!はじめてのシステム開発

エージェントと上手く付き合おう

フリーランスの営業活動

フリーランスとして働くためには、仕事を依頼してくれるクライアントを探す必要があります。会社勤めのように、仕事は黙っていても机に山積みとなるものではなく、自らの足を使って営業活動を行わなければならないというのが原則です。そのため独立する前の下準備として、人脈を広げておくことの重要性が挙げられます。
最近では、特にIT業界の人材に関して、フリーランス向けの案件を紹介するサービスが増えています。これはネットワーク環境の整備や社会的な意識や背景の変化などによって、働く側にとってもクライアント企業側にとっても、お互いに利益のあるマッチングが可能になりつつあることを物語っています。フリーランスにとっては、人脈というごく限られた範囲にばかり頼っていられないという差し迫った現実がありますし、一方の企業側にとっても、求める外注先を広く効率的に探したいという思惑があります。
両者のマッチングを実現するのは、個別具体的な案件を紹介するサービスだけではありません。案件の紹介から一歩踏み込んで、フリーランスにとっては頼れるプロの営業として、またクライアント企業にとっては、同じく頼れるスカウトとして、両者の橋渡しを効率的に実現するエージェントを利用することが、今や常識となりつつあります。

信頼できるエージェントの見分け方

エージェントは、その運営母体などによっても違いがあり、よく見極めて利用する必要があります。フリーランスといえども、エージェントを利用する場合には、履歴書を提出して、希望する業務内容などを伝えておくことになります。エージェントはその履歴書などを基に、公開・非公開を問わず手元の案件の中から、最適と考えられるクライアント企業とのマッチングを試みるのですが、履歴書の中身をよく読んでいるエージェントであれば、切り口の異なるアピールポイントを見つけて、より高い評価へと結び付けられるよう、積極的にフリーランスを売り込んでくれます。
このように履歴書を丹念に読み込んでいるエージェントは、信頼できるといえます。そのためフリーランスとしては、この履歴書を充実させておく必要があるのです。丁寧に自分の経歴の棚卸をして、読む人にとって分かりやすい文章を心掛けましょう。またレスポンスの早いエージェントは、信頼できます。逆に返事が遅かったり、連絡がつかないエージェントは、あっさりと見限る方が良いでしょう。
フリーランスとして、飽くまで営業のプロを雇うという意識を持つことです。もちろん逆に、エージェントからの連絡には素早く対応することも、信頼関係を築く基本です。

職務経歴書の書き方から面談のアドバイスまで、成約に至るまで徹底的にサポートいたします。

引用元:フリーランスナビ

>公式サイトへ移動するならこちら

>公式サイトへ移動するならこちら

フリーランスナビは、サポートの充実が売りのフリーランス向きエージェントです。