チャレンジ!はじめてのシステム開発

会社員より高収入が狙える

フリーランスのメリット

日本の目覚ましい経済成長を支えた終身雇用制と年功序列型の賃金体系も、その後のバブル景気の崩壊を受けて、変化を余儀なくされています。長引く不況の中で、企業の倒産やリストラが横行し、やむを得ず転職する人や、いっそのことフリーランスとして独立する人も増えています。
特に活況を呈しているIT業界では、人材不足から売り手市場となっており、経験者は引っ張りだこの状態です。ネットワーク環境の整備や働く人の意識の変化の一方で、厳しい経済情勢に対応すべく企業の業務の外注化も進んでおり、フリーランスのエンジニアも数を増しているのです。フリーランスといえば、仕事が不安定で、厳しい自己責任を求められるのも事実です。しかしその反面、会社勤めでは手にすることができない自由を得られるのです。

自由なスケジュール管理

そして何と言っても、フリーランスは時間を自由に使うことができます。クライアントとの打ち合わせなど、相手に合せる必要がある場合を除いて、基本的に自分一人で完結処理できる部分については、誰に文句を言われる筋合いもありません。従って朝何時から仕事を始めようが、夜型を活かして深夜に仕事をしようが、昼間に長いランチを楽しもうが、基本的には自由です。
自分のペースを守って仕事を進めることができるのであり、家事や介護でまとまった時間を仕事に振り分けることができない場合であっても、工夫次第では細切れ時間を上手に活用することも可能です。

スキルアップ

自分の基準に従って仕事を選択することができるということから、スキルアップが可能です。会社勤めであれば、現場で経験できるものといえば、自ずと会社の方針や業務内容に偏ってしまい、自分の望むスキルを身に付けることが難しくなりがちです。しかしフリーランスは、将来設計を思い描きながら目先の利益に終始することなく、敢えて「損して得取れ」を実行することも可能なのです。

高収入の実現

フリーランスは、自分の実力によって勝負するため、それなりの高いレベルが常に求められますが、実力に見合った評価を得られるという点では、高収入を見込めます。エンジニアとして、連日深夜にまで及ぶ残業や休日出勤が当たり前といわれる業界において、フリーランスは結果がすべてであり、そのために費やした時間は問題ではありません。会社としての業績によっては、思うような評価を受けられない会社勤めに比べて、生産性を上げて、効率良く仕事を完成させることができれば、時間換算にして高単価を実現することが可能です。

レバテックフリーランスでは、高単価案件を多くご用意しています。

引用元:レバテックフリーランス

>公式サイトへ移動するならこちら

>公式サイトへ移動するならこちら

レバテックフリーランスは、高単価案件が充実しているため高収入を実現させるのであれば必須ですね。