チャレンジ!はじめてのシステム開発

ソフトウェア開発という仕事

ソフトウェア開発という仕事

システム開発にはいくつかの手法があり、それぞれ、ウォーターフォールモデル、アジャイルソフトウェア開発、スパイラルモデルなどと呼ばれます。スピード、コスト、リソースなど、開発において優先される条件などに応じて最適な手法が採用されます。又、開発現場の仕事はシステムを設計する役割とシステムをつくる役割に大きく分けることができます。通常、前者を担当するのがSEであり、後者を担当するのがPGとなります。

開発手法には特徴がある

システム開発の手法には様々なものがあります。それぞれの手法の特徴を知りましょう!

開発手法には特徴がある

SE・PGの役割は何か

同じIT業界の人材でも様々な職種に分かれます。ではPGとSEの役割はどう違うのでしょう。

SE・PGの役割は何か

PGに向いている性格

PGがひたすら仕様書通りのコードを作成する仕事である以上、個性は求められません。

PGに向いている性格

深い知識が求められるのがSE

PGとして現場経験を積んだ後にSEになることがありますが、求められる能力は両者で異なります。

深い知識が求められるのがSE